memo:socks      

FreeCap

Web ブラウザや FFFTP なんかは単体で SOCKS プロキシー経由での通信が可能だが、FreeCap を使うことで SOCKS 非対応なアプリでも SOCKS プロキシー経由での通信が可能になる。

SSH のポートフォワーディング

SSH のポートフォワーディングは下記3種類ある。

  • ローカルで待機してフォワードする
  • リモートで待機してローカルにフォワードする
  • SOCKS4/5 プロキシーとして動作する

このうち最後のものはダイナミック転送と呼ばれていて、PuTTY でもこれに対応している。

SOCKS 対応のクライアントは、sshd サーバー経由でアクセスできるので、たとえば ssl 非対応な Web サーバーに対して、まずそこに ssh でログイン・ポートフォワーディングの設定をして、そこの sshd 経由でそこのポート 80 番にアクセスすれば、とりあえず途中の経路は ssh で暗号化される。

 
memo/socks.txt · 最終更新: 2010/05/07 12:05 (外部編集)
 
Recent changes RSS feed Creative Commons License Donate Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS Driven by DokuWiki
visitor stats