app:closedcaption      

DVDレコーダーで録画したMPEG2(VOB)なファイルから Closed Caption を抜き出して、AVI ファイルを作成する方法

Closed Caption とは

日本でいうところの字幕放送のことで、アメリカの場合、テレビ受像機にはこの字幕を表示する機能をつけることになっている。DVD の字幕とは違って、テレビ(映像)信号の垂直帰線区間(line21 ともう1箇所)に多重してある。

Closed Caption 情報の抜き出し

作業に必要なツールのダウンロード

SCC Tools Download このページにある、SCC_TOOLS.ZIP と GeneralParser.zip をダウンロードする。そこのページにファイルへのリンクがあるが、here とかしかかかれてなくてよくわからないので、URL のところを直接編集して2つ上のディレクトリに戻ってそこから見つけた方が楽。

ソースごとに抜き出し方法が詳しくかかれてあるが、自分の場合 DVD レコーダーで録画した VOB なファイルから抽出できればいいので、ここでもその方法のみ記す。

ツールのセットアップ

まず GeneralParser.zip を適当なフォルダに解凍。さらに SCC_TOOLS.ZIP にある General Parserの中身(projects と source)を先ほど解凍したフォルダにコピー。

字幕情報の抽出

  1. VOB ファイルが必要なので、DVD Decrypter などで吸い上げておく。もしくは直接 DVD メディアの VOB にアクセスする。
  2. General Parser\bin にある gp.exe を起動
  3. File - Open Project … メニューを選択
  4. General Parser\projects\MPEG\video\CCExtract.gp を読み込む
  5. File - Open Bitstream … メニューを選択して、VOB を読み込む

 - gp.exe 画面の下の方にあるエディットボックスの数値を変更して、読み込むファイルサイズを変更。10GB とか大きめに設定すると勝手に VOB のファイルサイズに合わせてくれる

  1. File - Restart and Save Output As … メニューを選択
  2. 出てきたダイアログで適当なファイル名を入力(拡張子は .bin とかにする)して抽出した字幕情報をファイルとして保存。途中なんどか質問攻めにあるがデフォルトのまま Accept ボタンを押していく。これで字幕情報の抽出は完了。

字幕ファイルの変換

字幕は VirtualDubMod の TextSub プラグインで画像に埋め込むので、srt フォーマットに変換する必要がある。先の手順で保存した字幕ファイルは srt フォーマットではないので、下記の手順で二段階に分けて最終的に srt フォーマットの字幕ファイルにする。

  1. まず SCC_TOOLS.ZIP にある raw2scc.exe を使って SCC フォーマットに変換。input.bin が先程保存した字幕ファイル、output.scc は作業途中の中間ファイル。
    raw2scc.exe input.bin output.scc
  2. ccasdi.exe で srt フォーマットに変換。input.scc が上記の中間ファイル、output.srt が最終的に必要する srt フォーマットの字幕ファイル。
    ccasdi.exe input.scc output.srt

字幕のうめこみ

  1. VirtualDubMod で元の VOB を読み込む。
  2. TextSub フィルタを追加。字幕ファイルは上記の .srt フォーマットのファイルを指定する。
  3. CM とかいらないところカット編集
  4. あとはいつものように保存

~~DISCUSSION~~

 
app/closedcaption.txt · 最終更新: 2010/05/07 12:05 (外部編集)
 
Recent changes RSS feed Creative Commons License Donate Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS Driven by DokuWiki
visitor stats